日々のこと

mono122.gif
| CALENDAR | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | GALLERY |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

       
| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
















いのちを預けるという意味では
お医者さんと同じ。

どんな仕事も、
その道に生きる人には敵わないし
すごいなと思うし、
お任せするしかないのです。

ましてや
これから社会へと巣立つはずであった学生であれば
なおさらのこと。



たら
れば と言っても仕方のないことは分かっているけれど、
防げたはずと思うことぱかりで、
悔しくて、残念でなりません。




*






 
       
| 01:19 | FUJICA | - | - | posted by maru |
たおるちゃん













小学1年生に、
いつもニコニコしている女の子がいます。

算数の時間、みんなが犬の数を一生懸命数えているときに、
ニコニコしながらそれぞれの犬の名前を考えていたり、

作文では、
彼女独特の、思わずニコニコしてしまうような表現で綴られます。


そんな彼女が、
昨日は突然大泣きをしました。
いつもニコニコの彼女の大泣きに、
クラスの子が
「どうしたの」「大丈夫?」と集まってくると、ますます大泣き。

落ち着ける場所に移動してお話を聞いてみると、
たおるちゃんが無くなってしまったとのこと。
彼女が肌身離さず持っているハンドタオルのことです。
何の変哲もない、無地の薄いグリーンのタオルなのだけど、
ほっぺにスリスリすることで安心できる、彼女にとって大切なタオルです。

お話を順を追って聞いてみると、
どうやら最後にポケットに入れたところまでは記憶しているらしい。
それならば、入れたつもりで身体のどこかにあるのでは と、
お腹のほうまで手を伸ばしてみると・・

「あ ☆」(笑)


ひっくひっくしている彼女と一緒に
「たおるちゃん、出ておいで〜」と呪文をとなえ、
スルスルと薄いグリーンのたおるちゃんをお腹から取り出すと、

「わぁ〜〜〜」

そのお顔の、なんと愛らしいこと。


心配してくれたクラスのお友だちにお礼を言って、一件落着。
「よかったね」 の言葉をたくさんもらって、彼女はニコニコ。


そんな時間に出会えると、
ありがとう って思うのです。





*





 
       
| 22:45 | FUJICA | - | - | posted by maru |
課題













NIKON F。

カクカクとしたフォルムにスッキリとしたお顔まわりが、
クラクラするほどに好みでした。


そしてやっぱり、
コップが邪魔なのです。(笑)



*




 
       
| 00:36 | FUJICA | - | - | posted by maru |
記念写真














たくさんの写真を撮らせていただいて、
撮っていただいて、

撮っていただいたお写真は どれもとてもお気に入りなのですが、
特に目に留まった写真のひとつに、
正面を向いている写真がありました。


私は撮らせていただくのは大好きなのに、
撮っていただくのはニガテ意識あるあるなので、
真正面の出来あがりにかなりの不安があったのですが、
なんでしょう、あのリラックスしきった表情は。(笑)
苦手なだけに、自然で柔らかな表情が嬉しかった1枚でした。


フィルムカメラを始めて、写真を撮っていただく機会が増えましたが、
ひとり正面から撮っていただいたのは、初めてのことだったかと思います。

それって、写真を撮るといったら、
ごくごく普通のことであったはずなのに。


なんでもない中にある
小さな輝きを素直に撮れる人に、
私もなりたい。




*





 
       
| 15:03 | FUJICA | - | - | posted by maru |
positive thinking ♪














たのしみは、

先にあるから、

たのしみなのです◎



*



 
       
| 01:16 | FUJICA | - | - | posted by maru |
霜月
















びゅんびゅんと

あっという間に 11月です。



*




 
       
| 01:42 | FUJICA | - | - | posted by maru |
| 1/1 |