日々のこと

mono122.gif
| CALENDAR | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | GALLERY |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

       
| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
閃き












今日は、
著書やお写真でお名前の知れた
M氏のトークショーへ行ってきました。


お気に入りのカフェで開れた
小さなトークショーだったので、
最後にお客さんも
ひとりひとり自己紹介をすることに。

すごい肩書きをもたれている方が多い中で、
すみませんと・・いう思いで
私も
自分の仕事と趣味のカメラの話を
させていただきました。


いつもは
このお店で開かれるイベントからは
何かしらのインスビレーションをいただくのですが、
今回は
それが何だったのかが分からないままにお店をあとにしようとしていたところ、
M氏に私の仕事のことで話しかけられました。

少しお話をしていくうちに、
ご自分の娘さんが、
私の仕事に関わるような障害を持っていることを
話してくださいました。

それはそれは真剣な眼差しで、淡々と、
娘さんのことや、
学校でのことを話してくださり、
私も真剣にそのお話に耳を傾け、
感じたことを、お話させていただきました。
お相手が今日のゲストという緊張感もいつのまにか消えていて、
ある、ひとつの方向へと気持ちが向かった、
とてもいい時間でした。

最後に彼は
「彼ら子どもたちのことを、どうぞよろしくお願いします」
と、言ってくださいました。


最近、
悩んだり
難しいなと感じることも多く、
ふと、
趣味のカメラを活かせるようなお店で働いてみたいなぁ などと
思ってしまうこともありましたが、

ここなんだぞ と、
やるべきことは
まだここにあるんだぞ と、
そう言われているような気がしました。



M氏の
父親としてのまなざしは、
とても優しくて、温かかった。

そんなまなざしの先にある笑顔のために
私は今の場所にいさせてもらっているのだ。


カメラに思いを重ねられたり
楽しめているのは、
そこがあるからなんだと。



車での帰り道、
そんな言葉たちが浮かんだので、
忘れないように、走り書き。




*



 
       
| 00:50 | Nikon F3 | - | - | posted by maru |
スポンサーサイト
       
| 00:50 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
<< NEW | TOP | OLD>>