日々のこと

mono122.gif
| CALENDAR | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | GALLERY |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

       
| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
バレンタインデーの日に







pentax sp / helios44-2 







一昨日の深夜、
両親の住む実家の電話が鳴ったそうで、
ほどなくして切れたので、そのまま寝てしまったら、
九州に住む、闘病中の父方の伯母の家族からの電話だったそです。

伯母が、離れた東京に住む父の声を聞きたいと、
息子に電話をするように伝えたそうなのですが、
深夜で申し訳ないと思ったようで、かけ直すことをしなかったそうです。
そんな大事な時に! (苦笑)

気丈な伯母は、早朝に父と連絡が取れるまでがんばったのでしょう。
電話口で父の励ます声を聞いたあと、安心したかのように息を引き取ったそうです。

お通夜がその翌日(今日)という連絡が入り、
急なことに航空券の心配がありました。
パソコンに不慣れな両親に代わり、チケット確保のためにPCにかじりついていると、
ちょうどよい時間帯に「残り2枚」と表示がありました。
しかも、シルバー特割が使える会社なので、約半額になります。
大好きな伯母のことなので、私も同行する心づもりだったのですが、
ここは父と母に譲るとして、
伯母の愛する弟である我が父を、
無事に伯母の元へと送り届けることに、私は徹することにしました。



両親にとっては初めて利用する航空会社であったため、
チケットの必要書類をプリントアウトして実家に届け、搭乗口等を説明して
あとは無事に乗ってくれることを祈るだけ。

そろそろ離陸かな・・と思う頃、
毛足の長いラグをベランダに干そうと持ち上げると、
陽の光にキラリと光る、小さな小さな物体が床に落ちました。
一ヵ月前に購入したものの、買った当日に家の中で紛失し、
激しい落ち込みと共にずっと探していた、米粒大の純金のピアスでした。
もちろん、これまでにも何度もラグをパタパタしたり、毛並みに沿って探したりしたけれど、
あまりに小さいものだったので、半ばあきらめかけていたものです。

そのとき、
伯母の九州弁の声が聞こえたような気がして、その場に座り込み、
ポロポロと涙がこぼれてきました。
そういえば、やっと泣くことができました。



父は、
私のことを、気の強い伯母の後継者だとよく笑うけれど、
私なんて伯母の足元にも及びません。

やさしさが強さを生み、
強さがやさしさを生むことを
言葉ではなく、身をもって教えてくれた人でした。
どんなに辛く苦しいであろうときも、「ははは〜」と朗らかな人でした。



勝手ではありますが、
再び手にすることのできたピアスは、
伯母からのブレゼントと思わせていただくことにします。
おばちゃん、いいよね^^

大好きな餃子も、日向夏も、
もう届くことはないけれど、
バレンタインにもらった最後の届け物、ずっと大切にするからね。


それは、
ずっとずっと
変わらぬ光を届けてくれることでしょう。













 
       
| 23:54 | PENTAX SP | - | - | posted by maru |
スポンサーサイト
       
| 23:54 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
<< NEW | TOP | OLD>>